平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
慶熙大学高齢親和融合科学研究センターのウェブサイトにご訪問いただきありがとうございます。

慶熙大学高齢親和融合科学研究センターは、高齢親和(シニア層向け)産業分野企業であり、高齢親和産学協力ネットワークの参加企業間の連携の活性化、企業のビジネスモデルのためのコンサルティングおよびプラットフォームの役割を目的として設立されました。

本研究センターの主管である慶熙大学和高齢特性化大学院は、健康老化の社会的実現・普及と韓国国内におけるシニア層向け産業の発展・向上のために、国家レベルで専門人材の養成を目的とする大学院です。今後訪れるであろう国の支援終了後に向けて、自立化のための体質強化を目的として高齢親和融合科学研究センターを開設し、持続可能な産学協力生態系を構築するための研究センター作りに努めてまいります。

高齢親和融合科学研究センター長 キム・ヨンソン

高齢親和融合科学研究センター

自立化のための持続可能な産学協力生態系の構築戦略

  • 1段階 : 親高齢特性化大学院 単一モデルメインで運営

  • 2段階 : 親高齢特性化大学院-高齢親和融合科学研究センターに組織の整備及び発展

  • 今後、自立化過程などを通じて「Institute of Gerontology」を設立し、定員拡大と優秀学生の誘致を計画中

센터소개1
센터소개2
센터소개3

教育

企業のニーズを反映した特化した人材教育を提供し、財政的基盤を確率

就職・進路に連携

現在の関連職業分野に対する専門家を育成、シニア層向け産業で必要な職務能力の向上のための情報を提供

研究

シニア層向け産業関連研究及び地域連携を通じて産学協力活動をサポート

事業化

研究所内の専門人力を活用、企業のビジネスモデルに対するコンサルティングと高齢親和サービス・製品の標準化戦略を提供